四百年続く、平和への祈り。久能山東照宮

お知らせ

久能山東照宮 > お知らせ > 平成丁酉歳を迎えて
平成29年1月 1日

平成丁酉歳を迎えて

明けましておめでとうございます。平成29年の年頭にあたり皇室の弥栄と崇敬者各位の益々の隆昌を祈念申し上げます。

昨年には、4月中旬、日本平ホテルを中心に日本スペインシンポジュウムが開催されました。15日には、駐日スペイン大使ゴンザロ・デ・ベニート大使や元外務大臣他要人が多数参集のホテルに、家康公の洋時計とそのレプリカを運び紹介することが出来ました。また翌日には、東照宮に参拝頂き、博物館も拝観して頂き、家康公の平和外交について一層の理解を深めて頂きました。

また5月21日には、元法務大臣上川陽子先生と親交深い駐日メキシコ大使を静岡に迎えて夕食歓迎会があり、翌日には久能山東照宮に参拝して頂きました。博物館では家康公の時計も拝観して頂きました。

静岡商工会議所では、これを機会にメキシコとの更なる交流を深めるために、今年1月下旬から2月上旬にかけてメキシコ視察交流団が派遣されることになっています。

11月10日、徳川家歴代十五代将軍夢のそろい踏みプロジェクトの第一弾として「徳川家康公よろい甲冑修復費用支援金募集」を開始致しました。当宮博物館には、徳川歴代将軍所有の他徳川将軍家と関係深い甲冑が63領収蔵されています。その内には修理を必要とする物が多くありますが、まずは家康公所有から始めることになりました。

このプロジェックトは、株式会社パルコの全面的協力を得て、クラウド・ファンディングにより、500万円を目標に本年2月5日まで募金を行う予定です。数多くの皆様のご支援をお願い致します。

また予てより準備を進めておりました宮崎県立美術館での久能山東照宮展が、4月8日より5月28日まで開催されます。4月7日には内覧会が予定されており、静岡商工会議所では、それに参加すると共に宮崎商工会議所との交流も企画して頂いております。歴代十五代将軍の甲冑が一堂に展示されるのは、本邦初公開となります。宮崎県内のみならず、九州各県からも多くの方々に拝観して頂きたいと思っています。

本年も皆様の元気なお姿を国宝社殿御社頭にて拝することが出来ますことを楽しみに致しております。

久能山東照宮 宮司 落合偉洲宮司.jpg

ページの先頭へ