四百年続く、平和への祈り。久能山東照宮

お知らせ

久能山東照宮 > お知らせ > 徳川家康公鎧甲冑修復御支援のお願い
平成28年11月10日

徳川家康公鎧甲冑修復御支援のお願い

このたび久能山東照宮にて収蔵する「徳川家歴代将軍の甲冑」の修復を行い、「全15代将軍 夢のそろい踏み」を実現するプロジェクトを立ち上げさせていただきました。

第一弾は、国の重要文化財指定の徳川家康公の甲冑(かっちゅう)「白檀塗(びゃくだんぬり)具足」の修復費(約500万円)をご支援お願いいたします。

久能山東照宮には、ご祭神徳川家康公のものとされる甲冑が3領あります。「金陀美(きんだみ)具足(平成28年に修復)」「歯朶(しだ)具足(約20年前に修復)」は修復を終え、残り「白檀塗(びゃくだんぬり)具足」のみ修復が完了しておりません。

甲冑の維持や修復は想像以上に難しく費用も高額です。1領につきおよそ1,000万円もかかります。文化財に指定されたものは、国や県、市など行政からの補助金が交付されますが、それでも1領につき500万円くらいを捻出する必要があります。

その他、災害の復旧工事や国宝及び重要文化財建造物の防災工事費用やメンテナンスにも多額の費用が必要となります。

また、久能山東照宮ではご鎮座以来50年に一度の節目の年を迎えるにあたり、国宝の社殿他14棟の重要文化財の建造物全てを塗り替えることを守り続けております。前回の塗り替えには7年半を要し、この修復には約10億円の修復費がかかりました。

つきましては、諸事御多端の折柄誠に恐縮に存じますが、何卒事情ご賢察の上、格別の御支援と御協賛を賜りますようお願い申し上げます。

久能山東照宮 宮司 落合偉洲

なお、本修復に対して五千円以上の御支援賜りました方に、返礼品を贈呈申し上げます。

詳細はこちらをご覧ください。

https://www.booster-parco.com/project/130

main.jpg


parcoA3.jpg1最終ページアップ用画像1128.jpg2最終ページアップ用画像1128.jpg

※平成28年12月9日追記

 【目標金額まであと340万円 残り59日間】

 よりお申込みがしやすい返礼品が追加されました。

ソハヤノツルキ&白檀塗具足キャンバストート.jpg久能山東照宮御神紋(葵)オフィシャルCAP.jpg修復後白檀塗具足等身大ポスターコース.jpg御鎮座400年記念酒コース.jpg三川内焼湯呑コース.jpg白檀塗グラスコース.jpg

ページの先頭へ