四百年続く、平和への祈り。久能山東照宮

展示の紹介

平成29年8月17日

現在展示中の資料

久能山東照宮博物館は歴代将軍所用の武器武具を中心に、所蔵品を順次展示しております。 歴代将軍の遺品よりそのご遺徳を感じて頂きたく、お待ちしております。

展示リスト(8月17日版)

展示状況の詳細・最新情報は電話にてお問い合わせ下さい。

博物館直通 054-237-2437

見どころ

■第1展示室(1F) 重要文化財 葵紋絲巻太刀拵・重要文化財 太刀 銘正恒 、徳川家康公が晩年愛用していた品々(重要文化財 徳川家康関係資料)の他、歴代将軍が遷宮や将軍就任の際に久能山東照宮へ奉納した刀剣・刀装、歴代将軍所用の武具を各将軍毎の経歴パネルと共に展示しております。  

■第2展示室(2F) 甲冑を中心とした歴代将軍の武具、書画を展示している他、公益財団法人德川記念財団の所蔵する歴代将軍に関わる優品を展示をしております。久能山東照宮博物館と日光山輪王寺宝物殿は公益財団法人德川記念財団の展示公開施設です。

公益財団法人德川記念財団

日光山輪王寺

平成29年7月20日

夏季企画展(Ⅱ)

久能山東照宮博物館では7月17日(月・祝 月次祭斎行日)~8月26日(土 月次誕辰祭斎行日)の期間、夏季企画展示(Ⅱ)を開催いたします。

第1弾に引き続き、当館第2展示室(2階)において、初代将軍徳川家康公から第15代将軍までの徳川歴代将軍の文化財を年代毎に一堂にご覧いただける他、1階展示室(1階)では重要文化財 徳川家康関係資料の優品をご覧いただけます。

※徳川家康関係資料とは

徳川家康公が晩年駿府で使用していた品々で、その大半は慶長12年(1607)12月の駿府城炎上以降の愛用品と考えられていますが、武具・茶道具から香道具・薬道具までその種類は多岐にわたり、家康公の日常生活を窺い知る事が出来ます。舶来品である洋時計や鉛筆などは、進取に富んだ家康公の人柄を知る好個の資料群となっています。

この機会にぜひ足をお運びください。(展示内容は会期中変更となる場合があります)

詳しい展示内容につきましては、展示品リスト※PDF をご覧ください。

平成29年7月 1日

夏季企画展(Ⅰ)

久能山東照宮博物館では6月17日(土)~7月17(月・祝)の期間、夏季企画展示(Ⅰ)を開催いたします。

この度の企画では、当館第2展示室(2階)において、初代将軍徳川家康公から第15代将軍まで、徳川歴代将軍の文化財を年代毎に一堂に展示します。

徳川歴代将軍の武器武具を完備しているのは、久能山東照宮博物館のみです。

この機会にぜひ足をお運びください。(展示内容は会期中変更となる場合があります)

詳しい展示内容につきましては、展示品リスト※PDF をご覧ください。

ページの先頭へ