四百年続く、平和への祈り。久能山東照宮

お知らせ

久能山東照宮 > お知らせ > 『特別祈祷御守』授与について
平成29年1月16日

『特別祈祷御守』授与について

久能山東照宮では国宝に指定されております御社殿にて特別祈祷をご奉仕いたしております。

本年新春より、ご祈祷を受けられました方に、お名前を記しましたお神札(おふだ)とともに、新たに奉製いたしました『特別祈祷御守』を授与しております。

『特別祈祷御守』はご祈祷を受けられました特別な証しとして、表には御祭神徳川家康公にも縁があると伝えられる「一富士二鷹三なすび」※を、裏には葵の御紋と霊草の万年青(おもと)の図柄を配しております。

ご祈祷により大神様の更なるご加護をいただき、豊かで明るい一年をお送りくださいますようご案内申し上げます。

新年のお参りは「静岡の聖地」久能山東照宮へ。

大神様のご加護のもと、新しき年が平和で幸せな年となりますよう、どうぞご家族お揃いでお参りください。

※「一富士二鷹三なすび」は初夢で見ると縁起が良いといわれておりますが、一説には徳川家康公が駿府の地を愛され、晩年を過ごされた理由とも伝えられております。富士山の眺望が良く、鷹狩りに適した地であり、名産の茄子(清水の折戸なす)を愛されたそうです。また万年青(おもと)は家康公も珍重され、東照宮社殿にも万年青の彫刻が施されております。

(なお、『特別祈祷御守』はご祈祷を受けられました方に限り授与しております。授与所では授与しておりませんのでご了承ください。)

ご祈祷のご案内 https://www.toshogu.or.jp/prayer/courtesy/index.php

DSC09037.JPG

ページの先頭へ